ワキ汗・ワキの多汗症について

ワキ汗について
  • ワキ汗をよくかきます。これって病気でしょうか?
    回答者 愛知医科大学病院皮膚科講師 大嶋雄一郎先生
    ワキは、暑さや運動による体温上昇からもたらされる温熱性発汗と、精神的な緊張やストレスからもたらされる精神性発汗の両方が生じる部位です。温熱性発汗や精神性発汗は、だれにでも起こることで、それだけでは病気とはいえません。しかし、日常生活や仕事に支障をきたしているようであれば「腋窩多汗症(えきかたかんしょう)」という病気かもしれません。一人で悩まずに、まずは医師に相談してみるとよいでしょう。
  • ワキの多汗症は具体的にどんな状態ですか?
    回答者 ThinkPark皮膚科クリニック院長 岡島加代子先生
    よくある訴えは以下のようなものです。
    ・ワキ汗パッドが手放せない
    ・頻繁に衣服を着替えなければならない
    ・汗が目立たない色をいつも選ぶので、好きな色の服が着られない
    ・ゆったりしたデザインの服を選ばなければならない
    ・汗じみしていないかいつも気になる
    ・ワキガの手術をしてにおいはとれたのだが、汗の量の多さは変わらず、気になる

    やはり、汗が多量に出ることによる、衣服への影響を気にされていることが多いようです。とくに女性では、衣服を頻繁に着替える必要があったり、着る服が限られたりするということが一番大きな悩みになっているようです。
    回答者 湘南藤沢徳洲会病院神経内科部長 伊藤恒先生
    これまでに治療を受けられた患者さんからは、下記のような訴えがありました。
    ・緊張すると、どっと汗が出る
    ・汗ジミが気になる
    (白シャツや下着が黄ばんでしまって、すぐに買い替えなければならない)
    ・制汗剤やワキ汗パッドを使っても汗が抑えられない
    ・冬に着るセーターも、汗で目詰まりしてしまう
    ・着物の袖が汗で汚れてしまうが、洗えない
    ・就活中なのに、着ているスーツにまで汗ジミが広がってしまい、気になる
    ・保育士なので、子どもと触れ合っているときに汗の多さが気になる
    ・生理用ナプキンをワキ汗用に使うほど、汗の量が多い

    このように、着ている服の汗ジミや他人の目を気にする悩みが多いようです。また、個人差はあるものの、暑い夏だけでなく、すべての季節で汗に悩んでいる患者さんが受診されています。
  • 多汗症の原因を教えてください。
    回答者 愛知医科大学病院皮膚科講師 大嶋雄一郎先生
    多汗症は、感染症や内分泌疾患、脊髄損傷などの病気や、使用しているお薬などが原因で生じることもありますが、ほとんどの場合は明らかな原因がありません。原因となる病気がある場合は、そちらを先に治療する必要があります。
  • 多汗症は子どもに遺伝しますか?
    回答者 愛知医科大学病院皮膚科講師 大嶋雄一郎先生
    これまでの報告から、明らかな原因が存在しない多汗症(「原発性(げんぱつせい)多汗症」といいます)の症状は遺伝することがあると考えられており、当院の調査でも、治療を受けた患者さんのうち約7割に、家族に同じような症状をもつ人がいらっしゃいました。

    大嶋雄一郎ほか: 西日本皮膚科, 76 (3): 248-253, 2014